Radio Note

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英会話を独学で「確実に」習得できるようになる4ステップ。

f:id:presentense:20170407093814j:plain

 

あなたは話せますか?英語。

 

特に大学生にとって英語は、1つの大きな課題ですよね。

「時間のある学生うちに勉強しとけ」とよく言われます。

 

でも、英語って中学生くらいからずっと勉強してるのに、なぜか永遠に話せるようにならないですよね。

 

話せるようになるには留学しないと無理だと思ってる人、独学で勉強してはいるものの、なかなかうまくいかない人も多いと思います。

 

英会話を習得しようと思ったら、いきなり高いレベルを目指さず、確実に意思疎通できること、出来るだけ会話の「間」を減らしていくことが重要です。

 

僕もいろいろな方法を試して、留学せず独学で英語を話せるようになりました

ネイティブに比べると話すスピードも遅いですが、言いたいことは基本的に伝えられるし、海外の人に道を聞かれたりしたらすぐ対応できます。

 

そこで、今回は僕が自分一人で、日常会話程度の英語を話せるようになった方法を4ステップで紹介します。

 

目次

 

英会話に挫折しない方法

いきなり会話しようとしない 

 英会話を始めようと思った時に、いきなり「英会話教室」や「オンライン英会話」を始めるのは、効率が悪すぎます。

 英会話を習得するには、実際に会話をするのが一番早いと思うかもしれません。

しかし、私たち日本人は、学校では「会話」の方法を全く学んでないので、いきなり英会話を始めても、まず意思疎通が取れません。自分が中学レベルの英文もすらすら言えないですよね。

 

英会話教室・オンライン英会話はアウトプットの場なので、意思疎通が取れるようになってから、「数をこなす場」ととらえるのが良いでしょう。

 

実際にオンライン英会話などやってみて、まったく話せかったという人も多いんじゃないでしょうか。断言しますが、そのまま続けても絶対に会話力は伸びませんし、お金も時間ももったいないです。並行してちゃんと勉強を進めれば別ですが。

 

 教えてもらおうという思考をなくす

 文法などは教えてもらえばいいのですが、会話は環境の中で自分で覚えていくものです。

 日本語だって1から教えてもらったわけじゃないですよね。環境の中で聞いて真似して覚えていったと思います。

 たまに、間違った言葉の使い方をすると親に教えられたりします。それが英会話教室やオンライン英会話の役目です。

 

 じゃあ、環境に浸るには海外に住むしかないのかと考えるかと思いますが、僕は、アメリカのドラマをお勧めしています。日常表現が豊富に使われているので、「この時はこう表現するんだ!」という発見があります。 

 作業量を増やす

 これは何に対してもそうですが、何かをやりたい、習得したいという時に、「実際に行動している時間が少ない人 」、「そもそも始めてない人」が多いです。

 「英語を話せるようになりたいから留学したい」と言っているのに、行くまでの間何もしていない人多いですよね。留学から帰ってきて「あれ?」となる人はこの可能性が高いです。

 

「何かを始めたい!」と思ったその時は、それを習得できた自分を想像して嬉しくなったり、モチベーションが上がったりします。

しかし、実際に何かを習得するまでは、地味な作業を続けるしかありません

 これはすべての物事に当てはまります。今まで何も成し遂げたことないなって人は作業量が足りてません。

 

 僕も実際に、そうでした。地味な作業をしてる時に、途中で嫌になって「もっといい方法ないかな」、「本当にこれやりたいのかな」ってすぐに悩み始めてました。

 そういう時は、もう無心になって、「とにかく量こなせ!」と言い聞かせるしかないです。悩まないことです。

 

 それでは、僕が実際に英語で言いたいことを言えるようになった方法を紹介していきます。

1.最初は定番の「瞬間英作文」

 まずは、定番でもある「瞬間英作文」をやるのがおすすめです。

日本人の特徴に合わせて、どうやったら効率よく話せるようになるかが考えられているため、最近では王道な方法になってきています。 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 英会話初心者のうちは、英語を話す時、日本文を思い浮かべてから英語に訳しますよね。

しかし、日本語と英語では文法が全然違うので、翻訳するのに時間がかかってしまいます。「日本語を思い浮かべるな」とよく言われるのですが、初心者の内は無理ですよね。

 

 そこに注目し、できるだけ訳す時間を減らし、すぐに英文を作れるよう訓練をするのが、「瞬間英作文」です。 

この本では、左ページに中学の文法を使った短い文章が並んでいて、それを瞬間的に英文で言い換えます。答えに詰まったら、考え込まずに右ページの答えを見てすぐ次の問題に進みます。

こうして、瞬間的に英文を作る訓練をすることで、 英文を組み立てるのが早くなります

 

これでは、ずっと翻訳し続けることになるのでは?と思うかもしれませんが、慣れると日本文を思い浮かべずに、そのまま英語で話せるようになってきます。

  

この「どんどん話すための瞬間英作文」は、実際ネイティブが使う表現というより、中学の教科書にあるような文が多いです。なので、やってて不安になるかもしれませんが、大丈夫です。英会話に関しては、中学レベルの練習もしていない人がほとんどだからです。例えばリーディングの場合、中学の英文が読めなかったら、大学入試の英文も読めませんよね。

 

これをやったら、応用編としてもう1冊くらいやっておくのがおすすめです。実際の会話レベルに近づいてきます。

会話できる英文法大特訓 CD付

ちなみに、ぼくはアマゾンのレヴューや他のサイトで比較して、評価の高かったこちらをやりました。

瞬間英作文よりも、もっと実践的な内容になっています。「瞬間英作文」をパラパラ見てみて、レベルが低いと思ったらこちらだけやってみてもいいでしょう。

 

  3つ目の方法でも触れますが、並行して「ひとりごと」をつぶやくのがおすすめです。本にある内容だけじゃなくて、実際の生活の中で瞬間英作文と同じ方法で英文を作ってみることで、成果がぐんと伸びます。

2.海外ドラマ学習法

 瞬間英作文がある程度出来るようになってきたら、海外ドラマで実際の表現方法に慣れていきます。

 特に、「フレンズ」という海外ドラマは若者の日常が描かれているため日常表現が豊富で、かつめちゃくちゃ面白いのでお勧めです。実際にフレンズで英語を覚えたという人は多く、留学中に始める人もいます。

 

フレンズ I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]

  日常的に使われる英語を聴くことによって、スラングや言い回し、「この単語・表現をここで使うのか」というのが分かってきます。

 また、勉強するうえで何回か見返すこともあるので、面白いかどうかも重要です。自分に合ったドラマを選ぶのも良いでしょう。

しかし、映画の場合、日常表現が少ないのと、長すぎて反復学習がしづらいのであまりお勧めできません。それに比べ、ドラマだと20分ちょっとです。

 フレンズでの学習の進め方

フレンズ学習法は有名ですが、やり方は個人によって違うので、検索して合う方法を探してみても良いです。今回は、「英語を話せるようになる」という目的に合ったやり方を説明します。

 

1.まず一度字幕なしで見てみる。

大丈夫です。最初は全く分かりません。でも、次第によく使われる表現「what are you doing?」なんかを聞き取れるようになってきます。

 

2.次に字幕をつけて見てみる。

内容を確認し、また聞き取れない表現は何回も繰り返して聞き、聞き取れるようにしましょう。余裕が出てきたらシャドウイングをします。(シャドウイングとはセリフを自分で繰り返すことです。)

 

3.最後にもう一回字幕を消して見る。

もう一度字幕を消して見ることで、どれだけ聞き取れるようになったか確認できます。

 

このように何回も見るので、絶対に面白いドラマを選んだ方がいいです。

しかし、さすがのフレンズでも1話を10回くらい見ると飽きるので、完璧に聞き取れるようにならなくても次の話に進みましょう。1シーズン24話×10シーズンと十分すぎるほど教材はありますので。

ちなみに僕は、シーズン1を1話20回ずつくらい見て飽きてしまい、挫折しかけました。

ドラマでの勉強法は楽しさが特徴なので気を張り過ぎずにやりましょう。

フレンズ 〈シーズン1-10〉コンプリート ブルーレイ BOX

(ちなみに僕はコンプリートボックスを買いました。ハマりますよ。)

レンタルでもいいですが、購入した方が腰を据えてじっくりできます。上で紹介したものでも12話入っているので、始めにそちらで試してみるのがおすすめです。

 

 言葉に詰まった時に使える表現を覚えろ!

 重要になるのはシャドウイングです。長い文はとりあえずやらなくていいです。まずは短い文や表現を自分のものにして、会話力につなげます。

 

 英会話初心者の方は、単語や表現が出てこず、詰まってしまうことがよくありますよね。まずはこれをなくしていきましょう

 

 実際にフレンズを見てみると分かると思いますが、言葉に詰まった時や文の途中で 、just や, you know, maybe, I mean, kind of, I think, wannabut など、よく使われる表現が分かってきます。

 

これをシャドウイングして自分のものにし、真似してみるだけで、ずっとネイティブ英語に近づきます

 

例えば、「きみが素敵だ。」と伝えたいときの表現方法を見てみましょう。

・そのままだと

「You are beautiful !」

となり、直球すぎて恥ずかしいですよね。

 

・フレンズ英語の場合、

Maybe you know... but, I just wanna tell you that..  you look so nice. I mean...I think you are beautiful !」 

訳:もしかしたら気づいてるかもしれないけどさ、、ただ、きみって素敵だと思うよ。いや、要するに、、きれいだと思う。

 

のように表現できます。

例文がキモめですが表現の幅がめっちゃ広がってますよね。恥ずかしさをうまく出すことが出来ます。

恥ずかしいと言葉に詰まってしまいますが、このようにつなげていくことが出来ます。

 

 その他、アクセントや単語と単語の音がつながるところも真似してみましょう。とにかく、聞こえたのとほぼ同じになるようにシャドウイングしましょう。それをすることで、ずっとネイティブの英語っぽくなります。

 

 これだけで変わるのが実感できるので、ぜひやってみてください。フレンズをやりこめば、もっとレベルを上げていけます。

 

3.ひとりごとを言いまくる

 ひとりごとを言うのは少し恥ずかしいかもしれませんが、英語を話せるようになった人と話をしていると、「ひとりごと言うよね~(笑)」とよく話題になります。 

 

 コツとしては、まずは思ったことをや目に入ったものなどをなんでもかんでも英語で言ってみることです。そこで、必ず分からない単語が出てくるので、スマホなどで即調べて、スマホのメモに書き込みます。

メモに単語がたまってくるので、毎日夜に見返すなどして覚えます。そうすると、その単語は次には使えるようになっています。

 

 大事なのは、頭に思い浮かべるだけじゃなくて、必ず声に出すことです。外国人の前に立った時だけ声に出そうと思っても、いきなりじゃ出てきません。

 

しかし、これだけだと自分の頭の中で考えたことしか発していません。そのため、肝心な会話の練習をしていません。そこで、誰かと会話した内容を思い出すなどして、英語で言い換えるなどするといいです。

 

4.オンライン英会話

 これだけやれば、自分の言いたいことは大体表現できるようになります。

ここまで来たら、アウトプットの場としてオンライン英会話や、英会話教室を活用していくのがいいでしょう。

 

それでも、どうしても厄介なのが「単語」です。単語だけは覚えていないと使えません。

ひとりごとを言ってる時はスマホで調べればよいですが、会話中に調べるのは、流れが止まるので少し嫌ですよね。

そこで、単語で詰まったらこの「魔法の一文」を使ってみてください。

 

How can I say this word...」

訳:この単語どうやっていうんだっけ...

 

とりあえずこの文を言っておいて間をつなぎ、簡単な単語で言い換えたり、相手に説明して単語を教えてもらったりできます。実際にオンライン英会話をやっていると講師の方もこれを言っています(笑)

 

まとめ

  これをちゃんとやれば、留学しても日本人だけでつるんでる人よりはずっと英語をうまく話せるようになります。

 やっぱり、何かを習得するにはお金をかけるんじゃなくて、どれだけやるかです。

 今回は、実際に僕が英会話を習得した方法をもとに、最短で「日常会話」ができるようになるまでの方法としてまとめたので、やれば必ず成果を得られると思います。

 ネイティブ並みになりたければ、これ以上にインプット・アウトプットを増やすなどしてください。